コラム【真心こめて仕事する】

感染者拡大が止まりませんね。
もう何も考えずに会えていたころがずっと前に感じます。

簡単に会えなくなった今だからこそ、
一つ一つの仕事に、人そのものが表われます。

責任感なく仕事をしている人はスグに分かります。
一番、いっしょに働きたくない人です。

業種限らず、共通しているのは、
「感謝」の気持ちがないことです。

働いてやっている、自分がいないと困るだろう、
仲間にも思いやりがない等、
いったい何様のつもりでしょうか。
お客様の前だけ丁寧な対応したって
真心ない人は一発で見抜かれてますよ。

おかげさまで、
ありがとう、
相手の立場にたってご案内する、
数ある中から選んでいただいた等、
真心こめて仕事をする仲間たちと
これからも一緒に目標に向かっていきます。

コラム【手の届かない場所から人を攻撃することは許せない】

先日コラムで頑張っている後輩行政書士に、
今、心ない中傷が浴びせられている事実をお伝えしました。
心身ともに疲弊していくかわいい後輩たちをこれ以上見てられない。

ネットでの誹謗中傷は、大きくニュースにもなり、
時には自ら命を絶ってしまう人もいます。

匿名ということを武器に、相手から手の届かないところからの攻撃は、
決して許されるものではありません。

今回の件は、どんな人がどんな意味を持って、
やっているのかわかりませんが、
SNSでの発信にせよ、Youtubeでの発信にせよ、
私達はその責任において行っています。

だから許さない。

超強力なネットワークエンジニアに今回の件を伝えました。
彼は、インターネットが日本に入ってくる
ずっと前からネットワークセキュリティの仕事をしており、プロ中のプロ。
今は弁護士とタッグを組んで、心無い誹謗中傷に立ち向かっています。

この彼が、今の作業が終わったら、
今回の誹謗中傷者の追跡をスタートしてくれる、とのこと。

誹謗中傷者は匿名でやっているため、
追跡なんてできないと思っていましたが、
プロにかかれば、私達が想像もできない情報をゲットしてくるようです。
サンプルとして、同じような状況を解決したものを見せてもらいましたが、
さすがです。ビックリしすぎて逆に怖くなりました(笑)。

プロにかかれば、匿名掲示板も匿名SNSも全然、匿名じゃなかった(笑)。
複数の情報から追跡し、証拠を収集する技術はさすがプロ。
「そんな所から、そんなことまでわかっちゃうの!?」って感じで、圧巻です。

これで証拠を入手し、法的手続き等の対応をすれば、
この誹謗中傷者はいろいろなものを失うことでしょう。

コラム【許せない行動】

とても大好評のYouTube動画、
一人の許し難い行動で閉鎖することになります。

言論の自由があるから、
何しても良いのか。
SNSでは言ったもん勝ちです。
正義を振りかざし、やりたい放題。

SNSは人命をも奪うこと、
分かりますが、本当ならこんな卑劣な奴になんか
屈したくないのがみんなの本音。

何年かぶりに書きますが、
お天道さまは必ず見ています。

本人は自分が猟奇的な事をしている自覚も、
たくさんの人が傷ついていることも
ないんでしょうね。
必ず自分に返ってきます。

限定のYouTube動画になりましたが、
またみんなで撮影したいと願っています。

お知らせ【YouTube対談:建設業の皆さんへ】

愛知県豊田市で建設業をメインに活躍されている行政書士、
小川かずと先生のYouTube番組へ参加させていただきました。

建設業の皆さんに
これまでもたくさんお世話になり、
またこれからもよろしくお願いいたしますの
感謝の気持ちでお送りします。

いやー、やっぱ慣れんわ。苦手(笑)

コラム【リアルに会えるデカさ】

これまでは会えるなんて当たり前だった事。
本当にこのコロナ禍で価値観も考え方も大きく変わりました。

反対に久しぶりにお会いできると
めちゃ嬉しくも感じます。幸せですね。

私の大好きなアーティストの中に、
ホイットニー・ヒューストンさんと
セリーヌ・ディオンさんがいます。

このお二人で決定的に違うのが、
もう会えない人と、
がんばったら会いに行ける人です。

一昨年の本コラムで書きましたが、
もうセリーヌ・ディオンさんに会えた時は、
大号泣しながらの大合唱しました(笑)
中学生の頃から憧れた人に会えたのは、
何物にも代えがたい最高の瞬間でした。
また渡航できるようになったら、
必ず会いに行こうと思います。
(って、ラスベガス公演、いつから復活したの?)

いつでも会えるは、ないですね。
会おう!と思ったら、今すぐでも連絡しなきゃ。
リアルに会えるってこと、とてもありがたいですね。